河内天美のアルバイト

自治体などの地方行政は、自治体のようなひとつの独立した社会を形成しています。

そのような場合、どのようにひとつの社会を動かすのが良いのか、といったことが課題になってきます。

もちろん、役所などの組織が、行政を管轄して社会をまとめているということになるでしょう。

しかし、役所など一組織だけでは、自治体を完全に纏め上げることは難しくなります。

ひとつの組織が、管理できる範囲には限界があるのです。

そのような場合、ひとつの組織に任せることは困難になり、社会機能に不備が出る可能性があります。

この問題を解決するには、自治体内の住人ひとりひとりが、協力して社会に干渉する必要があるのです。

地域住人の力を合わせて、社会を動かすようになるのです。

需要なのは、ひとつの組織に管理を任せるのではなく、多くの人が協力して地域の取組みを行なうことにあるということなのです。

住人同士のつながりが、希薄になっているということもあるでしょうが、協力しなければ動かせないことも存在することを忘れないようにしましょう。